MENU

【荒木式】糖尿病改善プログラムで本当に良くなるの?

血液検査の結果に驚きました。

 

もう、我慢ばかりの生活や
薬が必要なくなったんです。

 

 

 

当サイトでは【荒木式】糖尿病改善プログラムの中身を検証してみました。
本当に血糖値をコントローして、インスリンや薬に頼らず、我慢することのない健康な生活をおくることが出来るのでしょうか?

 

 

(こんなことで悩んでいない?)
・血糖値がなかなか下がらない
・ヘモグロビンA1cがなかなか改善しない
・なぜ糖尿病を発症してしまったのだろう?
・食事療法をどうすれば無理なく続けられるだろうか?
・血糖値も血圧も高いと言われてしまった
・糖尿病って悪化すると脚を切断するって聞いたけど
・これから毎日薬を飲むの、いつまで病院に通うのかなと不安になる
・いつ合併症になるかと思い、精神的にも滅入っている
・薬がやめれたという人もいるけど、どうすればいいの?

 

でも、もう大丈夫ですよ。
あなたの生活に荒木式食事法を取り入れるだけで、血糖値をコントロール出来るようになり、精神的に不安になることもなく、楽しく過ごせるんです。

 

なぜなら、この糖尿病改善プログラムは兵庫県加古川市にある崇高クリニックという生活習慣病の治療に特化した病院と同じ内容を、自宅でいながらにして楽しく実践できるからなんです。
その方法は、崇高クリニックの院長である荒木裕(あらきひろし)先生が、40年以上に渡る試行錯誤の末に確立された画期的な食事法で、この食事法を実践した方の多くがさまざまな生活習慣病を改善することが出来ているんです。

 

 

もし、あなたの生活の中にあるものを取り入れるだけで、我慢することなく血糖値をコントロールでき、糖尿病を改善できるとしたら、試してみる価値があると思いませんか?

 

1.崇高クリニックの院長、荒木裕先生とは?
2.教材の内容は?
3.DVDの内容は?
4.メリットとデメリットは?

【荒木式】糖尿病改善プログラムってどんな内容?

崇高クリニック院長:荒木 裕先生

 

1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 アメリカハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部助教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部勤務
1983年 崇高クリニック開設

 

崇高クリニックは兵庫県加古川市にあり、このクリニックの院長を務めておられるのが荒木裕氏です。荒木氏は40年以上に渡る試行錯誤の末に「糖質の過剰摂取が心身の毒である」という断糖理論に基づき、画期的な食事法や運動を取り入れた治療をおこなっています。

 

糖尿病に限らず、自律神経失調症・リューマチ・通風・ うつ病・拒食症・過食症などの患者数が増えている疾患を対象に食事指導と運動を中心とした教育入院も行っています。

 

最近では教育入院を取り入れる病院も多く見かけるようになりましたが、崇高クリニックはパイオニア的存在といえるのではないでしょうか?
具体的には患者さんは約2週間の入院を通じて、食事法と運動のやり方を理解し、退院後も自宅でも継続できるように指導されています。

 

これまで数多くの方が入院によって、この荒木式ノンカーボダイエットを実践。

 

2週間で10㎏以上減量する方もあり、また、糖尿病に限らず、自律神経失調症・リューマチ・通風・ うつ病・拒食症・過食症などの病気が劇的な改善をみせています。

 

なお、関心はあっても崇高クリニックで治療を受けることが困難な方には、症状に応じて自宅で断糖理論に基づく荒木式の食事法を実践できるDVDがシリーズ化されています。

 

 

プログラムのセット内容

 

■ 本編 

 

オンライン映像教材(収録時間61分)

 

■ 特典

 

1.映像の内容をまとめたPDF34ページ(写真98枚使用)
2.購入者専用サイトあり
3.全額返金保証制度あり